納骨堂を選ぶポイントをチェック!

近年、遺骨をお墓に埋葬するのではなく、納骨堂にご安置する方が増えてきました。
もともとは遺骨の一時的な保管場所としてスタートした施設ですが、室内のお墓として利用される施設へと変わってきています。ペット専用の施設もあります。
このサイトでは納骨堂の特徴や費用の相場、メリット・デメリット、どんな種類がありどのような人が利用しているのかなど、利用を検討する時に知っておきたい知識について詳しく紹介しています。

ペット用のお墓は納骨堂が一般的?

ペット用のお墓は納骨堂が一般的? 生活を共にしているペットを大切な家族の一員と考えている方も多いのではないでしょうか。
亡くなればきちんと供養してあげたいと思うのは当然でしょう。合同墓に埋葬することもできますが、中には先祖代々のお墓に入れたいと考える方もいるかもしれません。
しかし、それを許してくれるお墓は多くはないのが実情です。
最近はペット霊園など専用のお墓を利用する方が多くなってきました。
ただお墓といっても納骨堂形式であることがほとんどです。個別にお墓を立てて埋葬してくれるところもありますが、納骨堂を利用したほうが費用も安く、合同墓と違って個別にお参りもできます。
そのために、ペットのお墓としては納骨堂を選ぶのが一般的となっています。

ペットの遺骨を納骨堂に納める意味あいとは?

ペットの遺骨を納骨堂に納める意味あいとは? 愛する家族でもあり大切な仲間でもあったペットが死んでしまった時、最近では人間と同じようなスタイルで納骨堂に遺骨を納めるという人たちが居ます。
昔なら考えられなかったような話ですが、現代の日本ではペットと人間との距離が昔以上に近くなり、同じ「家族」という括りとして考えるようになりましたから、このような行動に繋がるのも無理はありません。
とくに長い時間を共に過ごしたペットとなると、飼い主の思い入れや注いだ愛情は計り知れませんから、その思いの一つの在り方・形という意味合いで、大事なペットの遺骨を納骨堂に納めるのでしょう。
人間と一緒に住んでいる動物は「ペット」という言葉で表されますが、飼っている人たちからすればペットの枠を超えた人間と同じ「家族」の一員なのです。
ですから、その命が途絶えて居なくなってしまえば、当然悲しくなりますし落ち込みます。大切な家族を最後まで大切に扱ってあげたいという思いに駆られます。
そのような人たちが、天国へと旅立ってしまったペットに対して最大の感謝と祝福をするために、遺骨を納骨堂に納めるのです。この行動はまさしく愛情の現れなのです。
ペットを飼っていない人からすれば信じられない行動のようにも思えますが、ペットを大切な家族に置き換えた時、その意味合いは自然と分かることでしょう。

納骨堂に関するお役立ちリンク

永代供養付きの屋内納骨堂のサイト

納骨堂 大阪