納骨堂を選ぶポイントをチェック!

仏壇式納骨堂は代々受け継ぐことはできる?

仏壇式納骨堂は代々受け継ぐことはできる? 核家族化が進んだ現代では、先祖代々のお墓がなかったり、親戚付き合いがなくて先祖のお墓に入らない人が多いようです。
そのような方のために、「納骨堂」というものがあります。
納骨堂とは、ビルや建物の中に遺骨を収蔵するスペースがたくさんあるものです。
言わば、遺骨のマンションのようなもので、非常に効率的に運営されています。
納骨堂には様々な種類のものがあります。
比較的安価で一般的なものは「ロッカータイプ」でしょう。
コインロッカーのような棚が並んでおり、そこに遺骨を入れるのですが、昔ながらのお墓をイメージする方には味気ないものに感じるかもしれません。
そこで、「仏壇式」というものがあります。
上段に仏壇、下段に遺骨を入れるスペースがあり、お花を飾ったり思い出の品を納めることもできます。
遺骨を収蔵するスペースはひとり用から家族複数で利用できるスペースをもつものがあります。
家族代々で利用できるところが多いですが、料金は比較的高めになってしまうようです。

仏壇型納骨堂がオススメな人の特徴

仏壇型納骨堂がオススメな人の特徴 仏壇型納骨堂があるところは、基本、交通などのアクセスが良いところにあることが多いです。
郊外ではなく街の真ん中などにあり電車から降りてすぐというところもあります。
普段仕事で忙しい人や親戚のお住まいが離れている方たちにとっては、皆が行きやすい場所にあるというのは大事なことです。
また仏壇型ですと、建物内にあるため、天候に左右されることなくお参りが出来ます。
冷暖房完備ですし、掃除や草取りなどもありません。
床はバリアフリー仕様であったり、エレベーターがあったりと、子供からお年寄りまで安全に気楽に行くことが出来るのがうれしいです。
ただ一般のお墓と比べると思っているよりもお値段が高いものが多いです。
仏壇の大きさにもよりますが、気に入ったものは予算より高くなる傾向があります。
仏壇型納骨堂がオススメな人は、交通の利便性を重視し、いつでも親戚全員がお参りできる場所を求めている方、普通のお墓はちょっと嫌だけれどお墓に代わる形のものを希望する方、そして、お金には少し余裕のある方が向いていらっしゃるのではないでしょうか。