納骨堂を選ぶポイントをチェック!

納骨堂にかかる一年間の管理費の相場とは?

納骨堂にかかる一年間の管理費の相場とは? お墓と比べると費用を抑えられることから人気の納骨堂ですが、申込費用とは別に管理費が必要となるところが多くなっています。
一般的には遺骨を個別に安置するタイプで発生することが多く、最初から合祀墓に遺骨を合祀してしまうタイプでは管理費が必要ないことがあるため、事前に確認することが大切です。
また管理費が必要となる納骨堂を利用する場合、どのくらいが一年間の管理費用の相場なのかを知っておくと、無理なく任せられるかどうかを比較検討して決めやすくなります。
一年間の管理費は運営元によって違いがあるのですが、相場としては10000円から15000円前後となっています。支払い方法も契約内容で変わりますが1年に1度まとめて支払うというのが一般的です。
中には事前に複数年分の管理費を払うことで割引という制度を設けている納骨堂もありますので、費用の負担を抑えたい場合は、そうした面も考慮して納骨堂選びをするとよいでしょう。

納骨堂の修繕管理は誰が行っている?

納骨堂の修繕管理は誰が行っている? 自分が亡くなったら先祖代々のお墓に入って、帰省した子供たちが毎年お墓参りしてくれる、というのは今までの常識でしたが、そういう時代ではなくなりつつあります。
というのも、先祖代々の土地を離れて都会で暮らす人が増え、都会から遠く離れた土地にお墓だけが残るという傾向が強くなっているからです。
そこで、お墓の遺骨を、今住んでいる場所の近くのお寺の納骨堂に移す人も増えています。
一般的な納骨堂にはロッカー式の納骨壇がたくさん並んでおり、その1つに遺骨を納めた骨壺を安置する形になります。こうすることで、遠い土地へ帰省することなくお墓参りができます。
ただ、お寺の納骨堂に遺骨を預けると、その遺骨は自分たちから離れてお寺の管理下に入ります。骨壺を安置する納骨壇も同様で、自分たちが適当にいじってよいものではありません。
逆に、納骨堂や納骨壇に老朽化や破損などが生じた場合には、管理責任のあるお寺が修繕をすることになりますので、その点は安心です。