納骨堂を選ぶポイントをチェック!

宗派にこだわらない人にオススメの納骨堂の特徴

宗派にこだわらない人にオススメの納骨堂の特徴 納骨堂とは、他人の委託を受けて一時的に焼骨を収蔵する建物のことで、寺の境内の片隅に建てられることが一般的でした。
最近では、恒久的に遺骨を収蔵できたり、ビルのような建物にたくさんの遺骨が預けられる形態をもつものが出てきました。
なぜこのような新しい納骨堂が出てきたかというと、まずは新しく墓地を建設することが難しくなってきたためでしょう。
高齢化社会で墓地の需要は増えるが、地域住民の反対で新たに墓地を作れないためです。また、お墓を継承する人がいなくなることがあります。
納骨堂なら、基本的に永代供養料が含まれているので、お墓を受け継ぐことを心配する必要はありません。都会に住む人は特に、檀家や宗派をもつ人が少なくなっています。
昔や田舎の人ならば檀家のお寺さんはなじみがありますが、都会ではそのような関係性は絶っているでしょう。そのような人でもいつかはお墓に入る時がきます。
納骨堂では、宗教や宗派を不問にしているところがありますので、気にせずお骨を入れることができます。

納骨堂は宗派が違っても入れるの?

納骨堂は宗派が違っても入れるの? 親族が亡くなるとお墓をどうするのかというのは大きな問題になります。
その選択肢の一つとして納骨堂がありますが、仏教でなくてはならないのかといった心配がありますよね。
もちろん、納骨堂によっては仏教の人しか受け入れないというところもありますが、宗派や宗教に関わらず利用することができる場所は多くありますよ。
永代供養してもらうことが可能なことも多いため、今後継承者が続くか不安、家族とは疎遠といった理由がある人にとっても利用しやすいメリットがあります。
その一方で永代供養は行わずに管理期間が設けられ、契約を更新する必要がある場合もあるため、契約時にはよく確認する必要があります。
納骨堂自体あまり大きくない場合も多く納骨できる人数に制限がかけられていることもあるため、制限以上の人を納骨したい場合には新たに購入しないといけないということもあります。
納骨堂は宗教に問わられていないことが多いですが制約があることもあるため確認することが大切です。